取り扱っているエンジニアプラスチック

「耐熱性100℃以上」「強度49.0MPa以上」などの基準をクリアしたプラスチックを「エンジニアプラスチック」と呼びます。耐熱性、耐衝撃性、強度に優れているうえ、金属と比べて軽いという長所も持っているため、自動車部品、電気・電子部品といった幅広い分野で利用されています。

その他のプラスチック